NTT Com、総合セキュリティ「OCNセキュリティゲートウェイ」を提供開始 | RBB TODAY

NTT Com、総合セキュリティ「OCNセキュリティゲートウェイ」を提供開始

エンタープライズ その他

「OCNセキュリティゲートウェイ」概要
  • 「OCNセキュリティゲートウェイ」概要
  • 「OCNセキュリティゲートウェイ」料金
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は22日、企業向けOCNサービスにおいて、複数のセキュリティ対策機能を統合・管理するUTM機器を利用した総合セキュリティ対策サービス「OCNセキュリティゲートウェイ」を発表した。23日より提供を開始する。

 ファイアウォール、アンチウイルス対策、不正侵入検知・遮断、URLフィルタによる有害サイト対策など、複数のセキュリティ脅威に対応するUTM機器(IBM Proventia MX1004)をパッケージサービスとしてレンタルする。このUTM機器1台で、手軽に強固な総合セキュリティ対策が実現するという。セキュリティに関するサポートは、NTT Comセキュリティオペレーションセンター(NTT Com SOC)で24時間実施。機器の設定や運用・保守、ログの定期レポートの提供およびその内容の問い合わせ受付を行い、導入後も継続してサポートする。企業向けOCNサービスとセットで提供し、インターネット接続回線とセキュリティ対策をワンストップで提供することにより、運用負荷も軽減する。

 提供メニューは、基本的なセキュリティ機能をセットにした「ベーシックセット」、不正アクセス対策に特化した「ファイアウォールセット」の2種。料金は「ベーシックセット」が19,215円、「ファイアウォールセット」が15,750円。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top