キヤノンMJ、クラウドサービスを強化…オフィス向けIT支援サービス“HOME”の機能を拡充 | RBB TODAY

キヤノンMJ、クラウドサービスを強化…オフィス向けIT支援サービス“HOME”の機能を拡充

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

“HOME”の概要図
  • “HOME”の概要図
  • “HOME-PORTAL”のトップページ
 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は14日、中小オフィス向けIT支援サービス“HOME(ホーム)”の機能を、10月中旬より順次拡充し、中小オフィス向けのクラウドサービスを強化する方針であることを発表した。

 “HOME”は、中小オフィスのITインフラを手軽かつ低コストに構築できるサービス。UTM(統合脅威管理装置)でネットワークセキュリティを強化する「HOME-UNIT」、企業内ポータルでSaaSアプリケーションを利用できる「HOME-PORTAL」、導入後の運用を専門スタッフが遠隔支援する「HOME-CC」の3つで構成されている。今回、HOME-PORTALに新機能を追加し、SaaSアプリケーションのメニューを拡充する。

 まず、キヤノンのオフィス用複合機「imageRUNNER ADVANCE(イメージランナー・アドバンス)」と連携する“HOME-BOX”機能を追加。使い慣れた複合機を入力機器とすることでクラウドサービスを簡単に活用できるという。たとえば、スキャンした紙文書や受信FAXをワンタッチでクラウド上のデータセンターに格納し、ポータルから閲覧するといったことが可能になるとのこと。また、“HOME-MANAGER”機能により、社内ネットワークに接続されたパソコンやプリンターなどを自動的にマッピングし、ソフトウェアのバージョンや機器のリース期間などを統合管理できる。この他、“HOME-Link”機能により、社内外のサイトをポータルに登録することが可能で、外部のクラウドサービスをシングルサインオンで手軽に利用できる。

 キヤノンMJは今後、“HOME”の機能とSaaSアプリケーションをさらに拡充し、販売・サポート体制を強化していく計画。IT支援サービス“HOME”は1万2,000円/月で利用可能(サービス開始にあたり別途6万円のStarting PACKを購入する必要がある)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top