【スピード速報(153)】今年前半の無線ダウンロード速度は「右肩上り」、アップロード速度は「頭打ち」 | RBB TODAY

【スピード速報(153)】今年前半の無線ダウンロード速度は「右肩上り」、アップロード速度は「頭打ち」

ブロードバンド その他

縦軸の単位はMbps、横軸は2008年1月から2009年6月までの時系列。ダウンレートは「右肩上り」で伸びているが、アップレートは2月の1.45Mbpsをピークに伸び悩んでおり、1Mbps前後で「頭打ち」の状況になっている
  • 縦軸の単位はMbps、横軸は2008年1月から2009年6月までの時系列。ダウンレートは「右肩上り」で伸びているが、アップレートは2月の1.45Mbpsをピークに伸び悩んでおり、1Mbps前後で「頭打ち」の状況になっている
【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は数十万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。

 今回は2009年前半の無線インターネットの速度傾向をご覧いただく。2009年1月1日から2009年6月30日までの無線による測定データを用いて、毎月の平均ダウンロード速度(ダウンレート)と平均アップロード速度(アップレート)を求めた。

 図を見ての通り、ダウンレートは「右肩上り」で伸びている。特に5月から6月への伸びは顕著であり、年初の1月と比較すると2倍近い速度ということになる。これに対して、アップレートは2月の1.45Mbpsをピークに伸び悩んでおり、1Mbps前後で「頭打ち」の状況になっている。

 このダウンレート「右肩上り」の原因の一つとして考えられるのは、UQの「WiMAX」と、WILLCOMの次世代PHS「WILLCOM CORE XGP」である。「WiMAX」については、一般に向けてモニター募集が行われていたためか、正式サービス開始の7月1日より以前にも多数の測定データが寄せられていた。測定環境による影響と思われるバラツキがあるものの、平均すると6.65Mbpsのダウンレートが記録されている。参考までに、編集部のライターが自宅や取材先などで速度計測したところ、ダウンロード速度は3〜13Mbpsであった。

 一方、「WILLCOM CORE XGP」については現在、MVNO、企業、団体、マスコミなどの法人に向けて、エリア限定サービスを行っているためか、測定データ数が小さい。しかし、ダウンレートの平均は「WiMAX」を上回る7.10Mbpsとなっている。今後、測定データのシェアが伸び、「WILLCOM CORE XGP」が「WiMAX」と共に無線インターネットのダウンレートを引っ張る存在になることに期待したい。
《平野正喜》

関連ニュース

特集

page top