WILLCOM CORE XGPが上下20Mで始動——喜久川氏「モバイルBBの世界に飛び立つ記念すべき日」 | RBB TODAY

WILLCOM CORE XGPが上下20Mで始動——喜久川氏「モバイルBBの世界に飛び立つ記念すべき日」

エンタープライズ モバイルBIZ

挨拶するウィルコム社長の喜久川政樹氏
  • 挨拶するウィルコム社長の喜久川政樹氏
  • 「WILLCOM CORE XGP」エリア限定サービスの提供エリア
  • マイクロセルがワイヤレスブロードバンドには必須
  • XGPのコンセプト
  • XGPでグリーン(エコ)なシステムを実現
  • 京セラ製の基地局を採用
  • データ端末はNECインフロンティア製とネットインデックス製が用意される
  • デモ構成
 「大変長らくお待たせいたしました」——WILLCOM CORE XGPのエリア限定サービス開始に関する発表会は、喜久川政樹社長のこの挨拶で始まった。

 ウィルコムは22日、高速モバイルデータ通信サービス「WILLCOM CORE XGP」の本格サービス開始に先立ち、4月27日から9月30日まで、東京都の山手線内一部地区などで、法人(MVNO、企業、団体、マスコミなど)を対象にエリア限定サービスを実施すると発表した。

 第1段階として4月27日より東京都港区のウィルコム本社をはじめ都内でデモ展示を展開、第2段階として6月以降に約500ユーザを対象にPCMCIA型のデータ端末(2モデル)を無償貸与するという。同社はこの限定サービスを通じてチューニングを行い、スペックとユーザ満足度を十分に高めた状態で、2009年10月のコンシューマも対象とした本格サービス開始を目指す。料金については未定としながらも、低価格の定額を検討しているという。

 サービス開始時は、MIMOなしで最大上下20Mbpsの速度を実現、4月現在、100局の基地局を設置済みという。喜久川社長は「利用者の集中により速度が落ちる3.5Gのマクロセルに対して、XGP(PHS)のマイクロセルはトラフィックの分散が可能で速度が落ちにくい」としたうえで、「真のワイヤレスブロードバンドはXGPである」と自信を見せた。また、「上りも高速なXGPの特長を生かし、新しいアプリケーションのインフラを目指す」と意気込みを語った。

 XGPのコンセプトは、PHSの資産である、既設の16万マイクロセル、TDD(Time Division Duplex:時分割複信)技術、ALL IPバックボーンを最大限に活用することで、早く、安価なワイヤレスブロードバンドを提供することと説明。基地局は現行のPHSとほぼ同等サイズの京セラ製を採用し、現行基地局と併存して設置し、PHSとのアンテナ共有も可能という。端末はWiMAX/LTE端末の流用が可能で、限定サービス開始時にはNECインフロンティア製(チップはカナダのWavesat社)、ネットインデックス製(チップはイスラエルのAltairt社)が用意される。

 会場では、同社副社長の近義起氏により、発表会の会場となった霞が関ビルに設置されたXGP基地局を使ったデモンストレーションが行われた。回線速度測定では、上り18Mbps・下り12Mbpsと上下非対称の結果となったが、「上り速度をさらに上げ、安定したブロードバンドを実現する」と説明した。続いて、六本木に設置されたライブカメラからの映像を会場モニタに映し出したり、約30Mバイトの動画ファイルのストリーミング再生などが披露された。

 続いて、山形、横浜、京都、大阪、広島にて実施予定の、パートナー企業とのアプリケーション実証実験についても紹介された。

 JCB、ADK、NKBとは「デジタルサーネージ実験」を実施。多数の来場者が見込まれる横浜開港150周年記念イベント「開国博 Y150」に合わせ、みなとみらい地区にて実施するという。特に上りの通信速度を活かした例としては、フジテレビと、取材現場から中継車なしにHD映像を送信する放送インフラとしての活用実験を行う。

 大阪では阪神電鉄と鉄道沿線メディアとしての活用実験、広島ではICTコスモポリス広島プロジェクトとブロードバンドインフラ実験、山形ではPHS局設置済みの新庄市立八向中学校にてデジタルディバイド解消実験を行う。また、BWAユビキタスネットワーク研究所とは、基地局設置位置にカメラを設置し交通状況などを送信するカメラネットワーク実験を予定しているという。

 また、世界9か国・地域、約40社によりXGPの国際標準化団体「XGPフォーラム」が設立されたことも紹介された。

 最後に喜久川社長は、XGPを核に、Wi-Fi、3G、またデータカードだけではなく電子手帳型、ゲームなど様々なサービスを組み合わせてWILLCOM COREのデータ通信サービスを展開することを説明。中国の故事を引用し、「画竜点睛(がりょうてんせい:最後に大事な部分に手を入れて仕上げること)という諺があるが、XGPはウィルコムとWILLCOM COREにとって画竜点睛の目にあたる。今回は絵に目が入り、モバイルブロードバンド、そして移動体通信の世界に飛び立って行く記念すべき日である」と締めくくった。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top