実売35,000円前後——日立マクセル、地デジチューナー内蔵であらゆるTVに対応するiVレコーダー | RBB TODAY

実売35,000円前後——日立マクセル、地デジチューナー内蔵であらゆるTVに対応するiVレコーダー

 日立マクセルは9日、地デジチューナーを内蔵したiVレコーダー「VDR-R1000」、320GBのiVが付属した「VDR-R1000.PLUS」を発表。8月5日より発売する。価格はオープンで、予想実売価格はVDR-R1000が35,000円前後、VDR-R1000.PLUSが50,000円前後。

IT・デジタル テレビ
VDR-R1000
  • VDR-R1000
 日立マクセルは9日、地デジチューナーを内蔵したiVレコーダー「VDR-R1000」、320GBのiVが付属した「VDR-R1000.PLUS」を発表。8月5日より発売する。価格はオープンで、予想実売価格はVDR-R1000が35,000円前後、VDR-R1000.PLUSが50,000円前後。

 同製品は、カセットHDD「iV」(iVDR規格準拠)対応のレコーダー。映像入力端子つきのあらゆるTVに接続して、デジタルハイビジョン映像を直接iVに録画・保存できる。地上/BS/110度CSデジタルチューナーを内蔵し、2011年7月以降もアナログTVでデジタル放送の視聴が可能。

 本体は幅230×高さ41×奥行き170mmのコンパクトボディ。専用スタンドの使用で縦置きも可能なため、スペースを選ばずに利用できる。2009年秋には動画配信サービス「アクトビラ」に対応予定で、現在非対応のTVでも「アクトビラ」視聴が可能になるという。

 録画画質はハイビジョン/標準の2通り。電子番組表は最大8日間まで。インターフェースはHDMI(HDCP対応)/コンポジット映像/アナログ音声。アクトビラ対応としてLAN(10BASE-T/100BASE-TX)を装備。重さは約800g。付属品はリモコン/電源アダプタ/コンポジット映像・音声接続コード/縦置きスタンド/B-CASカードなど。
《小口》

関連ニュース

特集

page top