東芝、web限定AVノートPC「Qosmio G50W」シリーズに基本性能を向上した2009年春モデル | RBB TODAY

東芝、web限定AVノートPC「Qosmio G50W」シリーズに基本性能を向上した2009年春モデル

 東芝は9日、web販売限定のAVノートPC「Qosmio G50W」シリーズの2009年春モデル「G50W/95HW」(PQG50W95HLN10W)を発表。1月下旬より販売する。価格は297,800円。

IT・デジタル ノートPC
G50W/95HW 横スクロール機能付光学式マウス有
  • G50W/95HW 横スクロール機能付光学式マウス有
  • G50W/95HW 横スクロール機能付光学式マウス無
 東芝は9日、web販売限定のAVノートPC「Qosmio G50W」シリーズの2009年春モデル「G50W/95HW」(PQG50W95HLN10W)を発表。1月下旬より販売する。価格は297,800円。

 同シリーズは、縦横比16:9パネルを採用しフルHDに対応する18.4V型ワイド液晶のAVノートPC。地上デジタルチューナーや、映像専用エンジンTOSHIBA Quad Core HD Processor「SpursEngine」を搭載している。

 G50W/95HWは、2008年7月発売の「G50W/95GW」の2009年春モデル。95GWに比べ95HWでは、CPUがCore 2 Duo T9400(2.53GHz)から同T9550(2.66GHz)へ、メモリが2GB(1GB×2/最大4GB)から4GB(2GB×2/最大4GB)へ、HDDが250GBから320GBへ、それぞれスペックしている。ただし、地デジチューナーは、95GWが2基搭載しているのに対し95HWでは1基の搭載となる。

 おもな仕様は以下のとおり。なお、横スクロール機能付光学式マウスの付いたモデル(PQG50W95HLN11W)は299,800円、Office Personal 2007 SP1 with PowerPoint 2007の付いたモデル(同95HLR10W)は322,800円、同マウスとOfficeの付いたモデル(同95HLR11W)は324,800円。

●G50W/95HW

・OS:Windows Vista Home Premium SP1
・ディスプレイ:18.4V型ワイド液晶(1,920×1,080ピクセル)
・CPU:Core 2 Duo T9550(2.66GHz)
・メモリ:4GB(2GB×2/最大4GB)
・HDD:320GB
・グラフィック:GeForce 9600M GT
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)
・インターフェース:USB×4/i.LINK(IEEE1394)/HDMI/ミニD-sub15ピンなど
・メディアスロット:SD/SDHC/xD/MMC/MS/MS PRO
・LAN:1000Base-T/100Base-TX/10Base-T
・無線LAN:IEEE802.11 b/g/nドラフト2.0準拠
・機能:地上デジタルチューナー/有効画素131万画素webカメラ/FeliCaポート
・バッテリ駆動時間:4時間
・バッテリ充電時間:3時間(電源OFF時)
・本体サイズ:幅452.3×高さ38.2〜48.3×奥行き311mm
・本体重さ:4.8kg
・付属品:ACアダプタ/ACケーブル/バッテリパック/リモコン/地上デジタル放送受信専用室内アンテナなど
《近藤》

関連ニュース

特集

page top