地デジのへ関心度はまだ半数、地デジ導入に向けた関連デジタル家電市場の今後は!? | RBB TODAY

地デジのへ関心度はまだ半数、地デジ導入に向けた関連デジタル家電市場の今後は!?

IT・デジタル テレビ

調査データ(アイシェア調べ)
  • 調査データ(アイシェア調べ)
 ブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などを運営するアイシェアは9日、「地デジについて『調べたことがある』」かどうかの意識調査の結果を公表。「ある」との回答は全体の約半数。これが今後の地デジ関連デジタル家電市場へ好影響となるか。

 今回の調査は、地上波デジタル放送に関して、20〜40代を中心とするネットユーザー男女435名を対象とした有効回答をまとめたもの。男女比は男性が54%、女性が46%。年代別では20代が12.4%、30代が49.4%、40代は31%で、そのほかは7.1%。調査期間は2009年1月20日〜23日。

 同調査における回答者の住居環境は、「戸建て住宅」が50.3%、「集合住宅(アパート・マンションなど)」が49%。集合住宅の地デジ対応物件であれば、地デジに対する認識は高いかもしれない。しかし、地デジに非対応の物件であれば、2011年7月の地デジ導入までになんらかの対策をとらなければならず、意識の高まりが求められる。

 そこでまず、「地デジについて調べたことがあるか?」という質問に対し、「ある」との回答は47.6%のほぼ半数。男女別でみると男性59.1%、女性は34%。25.1ポイントの差があり、関心度の男女差が顕著となった。また、年代別では40代が51.9%と最も高く、次いで30代で47.9%、20代は38.9%で最も関心が低いという結果であった。

 続いて、地デジについて調べたことがある人を対象に「何で調べたか?」という質問を複数回答形式で行う、88.4%が「PCからインターネット」との回答となった。地デジに関する意識を高めるためには、インターネットを除く手段で積極的に展開していくことが課題となりそうだ。

 同調査ではあくまで「地デジについて調べたことがあるか?」というものだが、地デジへの関心が約半数にしか及んでいないという見方であれば、今後、2011年7月までの約2年半にあたり、地デジチューナーや地デジ対応テレビはもちろん、Blu-ray DiscやDVD、PCなど関連商品のニーズが決して低くないことがわかる。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top