日立マクセル、カセットHDD「iV」に320GB/160GBモデルを追加 | RBB TODAY

日立マクセル、カセットHDD「iV」に320GB/160GBモデルを追加

IT・デジタル テレビ

M-VDRS320G.B
  • M-VDRS320G.B
  • M-VDRS160G.B
 日立マクセルは9日、地デジ放送のハイビジョン番組などを保存できるiVDR規格対応カセットHDD「iV(アイヴィ)」の320GBモデル「M-VDRS320G.B」と160GBモデル「M-VDRS160G.B」を発表。5月25日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は320GBモデルが25,000円前後、160GBモデルが16,000円前後。

 同製品は、デジタルハイビジョン映像などをそのままの画質で録画・ムーブできるコンテンツ保護技術「SAFIA」を採用するリムーバブルHDD。iVDR規格対応の専用スロット「iVポケット」を搭載する日立の薄型ハイビジョンテレビ「Wooo」などで使用できる。

 最大データ転送速度は、2008年5月発売の従来モデル「M-VDRS250G.A」の665Mbpsを上回り、Blu-ray Disc(4倍速144Mbps)の約5倍に相当するという726Mbps。また、耐衝撃性の向上をはかった独自の衝撃緩衝フレームを採用する。

 回転数は5,400rpm。インターフェースはSATA。本体サイズは幅80×高さ110×奥行き12.7mm、重さは145g。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top