七夕の夜は消灯してCO2削減 〜 NTT東日本、「七夕ライトダウン」へ参加 | RBB TODAY

七夕の夜は消灯してCO2削減 〜 NTT東日本、「七夕ライトダウン」へ参加

エンタープライズ その他

「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」サイト(画像)
  • 「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」サイト(画像)
 NTT東日本グループは6日、環境負荷低減に向けた取り組み「NTT東日本グループアクトグリーン21」の一環として、「七夕ライトダウン」へ参加することを発表した。

 「七夕ライトダウン」は環境省主催のキャンペーン。7月7日20時〜22時の2時間、ライトアップ施設などの電気の一斉消灯を実施するもの。7月7日は七夕であると同時に、環境問題の大切さを国民全体で再確認するための「クールアース・デー」にも定められている。ちなみに昨年は、全国で76,397個所の施設がライトダウンに参加し、CO2 476トン相当(1,221,038.16 kWh)が削減された。

 NTT東日本ならびにNTT東日本グループ(計63社)では、当日の定時退社を推進するとともに、各職場をライトダウン(消灯)し、消費電力の節減およびCO2排出量の削減に貢献するとのこと。参加するのは368事業所。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top