カシオ、120コンテンツと日本文学100作品収録モデルなど電子辞書2製品 | RBB TODAY

カシオ、120コンテンツと日本文学100作品収録モデルなど電子辞書2製品

 カシオ計算機は、電子辞書「エクスワード」シリーズの新製品として、120コンテンツと日本文学100作品を収録した「XD-GF6500」と、収録コンテンツ数が110の「XD-GF6300」を発表。6月19日より販売する。価格はオープン。

IT・デジタル その他
XD-GF6500
  • XD-GF6500
  • 収録コンテンツのイメージ
 カシオ計算機は、電子辞書「エクスワード」シリーズの新製品として、120コンテンツと日本文学100作品を収録した「XD-GF6500」と、収録コンテンツ数が110の「XD-GF6300」を発表。6月19日より販売する。価格はオープンで予想実売価格は、XD-GF6500が33,000円前後、XD-GF6300が28,000円前後。

 両製品は、生活・実用/英会話・トラベル/学習/実務・情報/国語系/英語系の各ジャンルにわたるコンテンツのほか、「吾輩は猫である」などの文学作品が楽しめる「日本文学100作品」を本体に収録した電子辞書。XD-GF6500はコンテンツ数が120で、さらに「NHK日本語発音アクセント辞典」「広辞苑」「明鏡国語辞典」の3コンテンツに対応した日本語約7万語のネイティブ発音機能を装備。XD-GF6300は、110のコンテンツを収録する。

 機能面では、メインパネルと手書きパネルの2画面で漢字の手書き検索などを行えるツインタッチパネルを採用。メインパネルはバックライト付きモノクロ液晶ディスプレイとなっており、XD-GF6500は5.7型でXD-GF6300は5.3型。使用頻度の高い機能をタッチ操作で実行できる「クイックパレット」や、本体の傾きを検知することで表示切替や項目送りなどが片手で行える「アクションセンサー」を内蔵する。

 インターフェースはUSB/3.5mmステレオミニ。内蔵フラッシュメモリは約50MBで、microSDメモリーカードスロットを装備。バッテリは単4形乾電池×2で、電池寿命は、英和辞典の訳表示で連続放置時で約130時間、入力・検索4分/訳表示55分/スピーカー音声出力1分/バックライト点灯3分の繰り返し時で約60時間。

 本体カラーと本体サイズ、重さは、XD-GF6500がブラック×シルバー/シャンパンゴールド/ホワイトの3色、幅154×高さ15.5〜19.7×奥行き110mm、乾電池込み約320g。XD-GF6300がシャンパンゴールド/ホワイト/レッド/ブラックの4色、幅146×高さ15.5〜19.7×奥行き102mm、乾電池込み約280g。いずれも付属品は、タッチペン/専用ヘッドホン/専用USBケーブル/単4形アルカリ乾電池×2など。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top