カシオ、電子辞書エクスワードの音声コンテンツを強化……ポルトガル語学習や中高生モデルも | RBB TODAY

カシオ、電子辞書エクスワードの音声コンテンツを強化……ポルトガル語学習や中高生モデルも

IT・デジタル その他

ポルトガル語モデル「XD-B7800」
  • ポルトガル語モデル「XD-B7800」
  • ビジネスモデル「XD-B8600」
  • 中学生モデル「XD-B3850」
  • 高校生モデル「XD-B4850」
  • 生活・教養モデル「XD-B6600」
 カシオ計算機は、電子辞書「エクスワード」シリーズとして、音声コンテンツを重視したポルトガル語/ビジネス/生活・教養/高校生/中学生の5モデルを発表した。価格はすべてオープン。

 ポルトガル語モデル「XD-B7800」は、「現代ポルトガル語辞典」や「ゼロから始めるブラジル・ポルトガル語」などポルトガル語の4コンテンツが特長。販売開始は9月9日。希望小売価格は45,000円前後。

 ビジネスモデル「XD-B8600」は、「NHKラジオ英会話」(2009)の音声データとテキスト一年分や、山川出版社「もういちど読む」シリーズの日本史/世界史/政治経済を収録。販売開始は9月9日。希望小売価格は39,000円前後。

 生活・教養モデル「XD-B6600」は、「ビジュアルワイド・日本の城」や園芸、野鳥、家庭医学など、実用的なコンテンツを中心に収録。販売開始は30日。希望小売価格は36,000円前後。

 高校生モデル「XD-B4850」は、「キクタン【Advanced】6000」や英熟語の「キクジュク【Super】3600」などの英語から日本史、生物、数学など、入学から大学受験までを意図した内容。販売開始は9月9日。希望小売価格は39,000円前後。

 中学生モデル「XD-B3850」は、英語検定3/4級の過去問題集(3回分)などの専門的英語コンテンツから、英語/国語/数学/理科/社会の「中学総合的研究」などを収録。販売開始は30日。希望小売価格は35,000円前後。

 各モデルとも、液晶表示はメインパネルが5型の透過型カラーTFT(解像度528×320ピクセル)、サブパネルが同2.6型(解像度240×96ピクセル)。学習を補助するカラー付箋/カラーノート/カラーマーカーなどの機能を備えた。内蔵メモリは約100MBで、microSDカードに対応。落下や加圧などの衝撃を軽減する堅牢設計「TAFCOT」(タフコット)を採用しており、本体サイズは幅148×奥行き105.5×高さ17~19.7mm、重さ約300g(電池含む)。
《》

関連ニュース

特集

page top