ヤフー、さまざまなプロダクトの公式実験場「Yahoo!ラボ」を公開 | RBB TODAY

ヤフー、さまざまなプロダクトの公式実験場「Yahoo!ラボ」を公開

 Yahoo!JAPANは10日、Yahoo!JAPANの「研究開発プロダクト」のショーケースとして、ユーザのフィードバックを受けながらサービスを育てるプラットフォーム「Yahoo!ラボ」を公開した。

ブロードバンド その他
「Yahoo!ラボ」サイト(画像)
  • 「Yahoo!ラボ」サイト(画像)
 Yahoo!JAPANは10日、Yahoo!JAPANの「研究開発プロダクト」のショーケースとして、ユーザのフィードバックを受けながらサービスを育てるプラットフォーム「Yahoo!ラボ」を公開した。

 「Yahoo!ラボ」は、Yahoo!JAPANのエンジニアが主導となり、新規性のある技術、コンセプト、機能などを実装したプロトタイプを紹介するプラットフォーム。それぞれのプロダクトについて、ユーザが評価コメントを投稿できるようになっており、それらのフィードバックをもとに、正式サービスへの可能性を探っていくという。掲載されるプロダクトは、社内での開発のみならず、社外の教育機関などとも連携しながら研究開発を行う予定。

 また同日からさまざまな実験プロダクトが公開されている。画像を解析して抽出した特徴により、大量の画像を高速に検索できる「VisualSeeker - 類似画像検索」、手書きのイラストやアップロードした手持ちの画像をもとに、類似画像を検索できる「VisualSeeker - スケッチ検索」、Yahoo!検索における個々のワード検索数を、都道府県別あるいは性・年代別に分析する「サーチのなかみ - 地域別」「サーチのなかみ - 性・年代別」、検索結果画面に表示されるタイトルや要約文から気になる単語を選択することで、その単語を含んだ検索結果を上位に表示させたり、逆に下位に表示させたりできる再ランキングサービス「Rerank.jp」などとなっている。また、公開中の地図実験サイト「Lat Long Lab」のプロダクトである「ぽ地図」などのプロダクトも「Yahoo!ラボ」にて紹介されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top