イー・モバイル、受信最大21Mbpsのデータ通信を8月より提供開始 〜 現行の約3倍の「HSPA+」導入 | RBB TODAY

イー・モバイル、受信最大21Mbpsのデータ通信を8月より提供開始 〜 現行の約3倍の「HSPA+」導入

ブロードバンド その他

月額料金(税込)
  • 月額料金(税込)
 イー・モバイルは8日、受信最大通信速度を21Mbpsまで高速化したデータ通信サービスを発表した。

 「EMモバイルブロードバンド」に、3.5世代携帯電話サービスとして最速となるHSPA+規格を国内で初めて導入し、2009年8月上旬より提供開始する。HSPA+は「High Speed Packet Access Plus」の略で、HSPAをさらに拡張した3GPPによる通信規格。「HSPA Evolution」とも呼ばれ、規格上は下り最大21.6Mbps、上り最大11.5Mbpsの通信速度を実現できる。 

 提供エリア、対応端末については別途発表予定。料金プランとして、二段階定額制の「スーパーライトデータプラン21」と、完全定額制の「データプラン21」が新設される。「スーパーライトデータプラン21(ベーシック 年とく割2加入)」では、月額基本使用料を580円から(上限5,980円)利用できる。「データプラン21(ベーシック 年とく割2加入)」では、月額料金を5,580円とし、通信料を気にせず定額で利用できるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top