米LogLogic、「LogLogic Database Security Manager」の一般向け提供を開始 | RBB TODAY

米LogLogic、「LogLogic Database Security Manager」の一般向け提供を開始

 米LogLogic社は現地時間28日、データベースセキュリティソリューション「LogLogic Database Security Manager」の一般向け提供を開始したと発表した。

エンタープライズ その他
 米LogLogic社は現地時間28日、データベースセキュリティソリューション「LogLogic Database Security Manager」の一般向け提供を開始したと発表した。

 「LogLogic Database Security Manager」は、深いデータベースのアクティビティ監視、リアルタイムの不正アクセス検疫と切断、広範囲で異なる情報ソースからなるリアルタイムおよび履歴の相関を提供できるデータベースセキュリティ製品。このソリューションを利用することで企業のIT部門は、統合データベースアクティビティモニタリングによりエンタープライズのアクティビティを360監視できるという。

 従来のセキュリティとログ管理のソリューションは、LogLogicも含めネイティブデータベース監査データあるいは必要なポイントソリューションの統合に頼っていた。LogLogic Database Security Managerはホストベースのセンサー技術とプラグアンドプレイのアプライアンスで、データベースのパフォーマンスに影響を及ぼすことなく、より深いモニタリングとリアルタイムの遮断を提供できるので、今までのソリューションが抱えていた問題が解決可能となっている。LogLogic Database Security Managerではパフォーマンスへの影響は最小限に、重要なデータベース情報を保護することが可能で、ユーザー/情報の秘密区分/アプリケーション言語/プロトコル/アクセスの場所などに関係なく、すべてのデータベースアクティビティを監視する。既知あるいは未知の脆弱性へのSQLインジェクション攻撃を特定、回避できるほか 詳細なポリシー設定で不正アクセスを検疫、遮断し、データベースのアドミニストレータのアクティビティを独立して監視できる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top