Twitter、ログインした場所や端末が分かる「Twitterデータ」開始 | RBB TODAY

Twitter、ログインした場所や端末が分かる「Twitterデータ」開始

ブロードバンド セキュリティ

「Twitterデータ」では、ログインした場所や端末が一覧表示される
  • 「Twitterデータ」では、ログインした場所や端末が一覧表示される
  • 「設定」画面最下段に「Twitterデータ」が新たに登場
  • 利用時にはパスワード入力が再度必要
  • アカウントに関する基本的な情報も集約
 Twitterは16日、自分のアカウントのログイン履歴を確認できる新機能「Twitterデータ」を開始した。Twitter公式ページの「設定」から利用可能。利用時には、あらためてパスワードの入力が必要となる。

 「Twitterデータ」は、自分のアカウントの作成日時、アカウント名、登録したメールアドレスといった基本情報に加え、ログインした端末、利用したアプリやログインした場所(IPアドレス)、ログイン日時を一覧表示できる機能だ。不審な利用の形跡があった場合に、その日時やログイン元IPアドレスを確認するといったことが可能となる。また、連携アプリによる外部通信もアクセス履歴として残るため、それらを再確認するといった使い方も可能だ。

 その他、アドレス帳からのインポートを管理したり、すべてのツイート履歴をダウンロードしたりすることも、「Twitterデータ」から可能となっている。ミュートしているアカウント、ブロックしたアカウントも「Twitterデータ」から一覧を見ることができる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top