アイドック、PDFを限定配布できるASPサービス「Keyringドキュメント認証」を提供開始 | RBB TODAY

アイドック、PDFを限定配布できるASPサービス「Keyringドキュメント認証」を提供開始

エンタープライズ その他

Keyringドキュメント認証による閲覧の仕組み
  • Keyringドキュメント認証による閲覧の仕組み
  • Keyringドキュメント認証の利用の流れ
  • 画面サンプル(コンテンツ暗号化)
  • 画面サンプル(ライセンス条件の設定)
 アイドックは18日、期間や閲覧PC数を限定してPDFを配布できるASPサービス「Keyringドキュメント認証」の提供を開始した。

 コンテンツを法人・学校向けに販売する出版社や調査会社が対象。PDFの場合、ソフトウェアのサイトライセンスのように企業(学校)規模に応じた料金設定ができないという課題があるが、「Keyringドキュメント認証」は、期間やPC数を限定して配布できるASPサービスとなる。コンテンツの閲覧に必要な「認証キー」を発行することで、ソフトウェアのプロダクトキー認証と同じ仕組みをPDFコンテンツ向けに提供。コンテンツの違法コピーを防ぐだけでなく、閲覧期限を設定したり、配布後に閲覧を止めたりできる。また、複数PCで共有閲覧できる「サイトライセンス」機能により、閲覧PC数を指定できるため、企業(学校)規模に応じたコンテンツ価格の設定も可能となる。コンテンツの配布方法はUSBメモリなどの記憶媒体やダウンロードなど手段を問わない。

 コンテンツホルダーはコンテンツ暗号化PDFをアップロードして暗号化(初回のみ)。拡張子がPDFからKRMに変わるので、コンテンツと認証キーをあわせて配布。閲覧者がコンテンツをダブルクリックすると認証キー入力画面が表示される(要クライアントソフト)ので、閲覧認証キーを入力すると、指定された条件(台数・期限など)に従って閲覧できるという流れになる。閲覧用クライアントソフト動作環境はWindows Viata/XP/2000、PDFビューアAdobe Reader 8以降となる。価格は初期費用が198,000円(税別)、月額費用が98,000円。認証キーの発行数やPDF数によらない実質定額制となる。なお仕様上の制限で、1契約あたりの閲覧PC数(ユニーク数)は10,000まで。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top