日立ソリューションズ、違法コピーを防止するサービスをクラウドで提供……MS「PlayReady」を利用 | RBB TODAY

日立ソリューションズ、違法コピーを防止するサービスをクラウドで提供……MS「PlayReady」を利用

 日立ソリューションズは9日、マイクロソフト社のデジタル著作権管理(DRM)技術「PlayReady」を利用したデジタルコンテンツの違法コピーを防止できる「DRMサービスpowered by PlayReady」を発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「DRMサービスpowered by PlayReady」提供イメージ図
  • 「DRMサービスpowered by PlayReady」提供イメージ図
  • 「PlayReady」紹介サイト
 日立ソリューションズは9日、マイクロソフト社のデジタル著作権管理(DRM)技術「PlayReady」を利用したデジタルコンテンツの違法コピーを防止できる「DRMサービスpowered by PlayReady」を発表した。

 「DRMサービスpowered by PlayReady」は、クラウドサービスとして提供されるため、コンテンツ配信事業者は、DRMに対応したコンテンツの配信を短期間で実現できる。試行環境を2月13日から提供開始し、3月1日から本番サービスとして運用を開始する。

 「DRMサービスpowered by PlayReady」では、エンドユーザーがコンテンツをダウンロードする際に必要となるライセンスキーをサーバから発行。これにより、ライセンスキーが発行されていない端末からは、デジタルコンテンツを再生(復号)できない。コンテンツ配信事業者は、既存のコンテンツ配信システムを利用しながら、DRMに対応した音楽、動画、電子書籍などのコンテンツ配信が可能。

 価格(予定)は、初期費用が210,000円(税込)、月額固定費用が52,500円(税込)、月間に発行したライセンス数に応じた費用が1ライセンス1円。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top