日本HP、コンプライアンス対応の統合ログ管理「HP Compliance Log Warehouse 2.0」を販売開始 | RBB TODAY

日本HP、コンプライアンス対応の統合ログ管理「HP Compliance Log Warehouse 2.0」を販売開始

エンタープライズ モバイルBIZ

HP Compliance Log Warehouse 2.0
  • HP Compliance Log Warehouse 2.0
  • 「HP CLW 2.0」のセキュリティ・アラートの仕組み
  • 「HP CLW 2.0」では気になるアラートを深堀りして表示可能
  • Graphic User Interface Report Builder ダッシュボードにレポート、説明文などを追加
 日本ヒューレット・パッカードは7日、コンプライアンス対応統合ログ管理ソリューションの最新バージョン「HP Compliance Log Warehouse 2.0」(HP CLW 2.0)を発表した。販売は4月20日より。

 「HP CLW」は、日本版SOX法やPCI DSSなど各種法律や業界標準が求めるコンプライアンスレベルを企業ITシステムで達成するため、OSやデータベース、アプリケーション、セキュリティーデバイスなどのさまざまなITシステムからのログを一括収集し統合的に管理・蓄積・分析できる、統合ログ管理ソリューション製品。高信頼サーバ「HP Integrity rx2660」をベースに、各種ログ収集アダプター、スケーラブルなログデータベースおよび分析ソリューションをワンパッケージで提供する製品となる。

 最新版となる「HP CLW 2.0」では、緊急性の高いイベントログをリアルタイムに処理する新機能「Real-time Event Correlation」が搭載されたほか、レポーティング機能の大幅な強化を行い、レポート・ウィザード機能「Query Wizard Interface」と「Graphic User Interface Report Builder」のダッシュボード機能があらたに追加された。「Query Wizard Interface」では、GUI上のテーブルやビューから必要なカラムのみを選択することで、エンドユーザが簡単にログ分析レポートを生成することが可能になった。「Graphic User Interface Report Builder」では、新しいダッシュボード機能により、複数のログ分析レポートをまとめて、経営者レベルへの報告や監査レポートなど目的に応じたわかりやすいレポートを簡単に作成できる。旧バージョンから価格は17%引き下げられ、1,400万円(税抜)に価格変更された(1ノードシステム・パッケージ。このパッケージにはサーバ、OS、ログ管理ソフトウェア、および1年間のシステムの保守が含まれる)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top