キヤノン、フルHDの動画録画も可能な「EOS Kiss DIGITAL」新モデル | RBB TODAY

キヤノン、フルHDの動画録画も可能な「EOS Kiss DIGITAL」新モデル

 キヤノンは25日、デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss DIGITAL」の新モデルとして、約1,510万画素CMOSセンサーと映像エンジン「DIGIC 4」を採用した「EOS Kiss X3」を発表。4月下旬に発売する。

IT・デジタル デジカメ
EOS Kiss X3 レンズキット
  • EOS Kiss X3 レンズキット
  • ボディ単体の正面
  • 製品背面
  • ダブルズームキット
  • 270EX
 キヤノンは25日、デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss DIGITAL」の新モデルとして、約1,510万画素CMOSセンサーと映像エンジン「DIGIC 4」を採用した「EOS Kiss X3」を発表。4月下旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格はボディ単体が90,000円前後、レンズキットが100,000円前後、ダブルズームキットが130,000円前後。

 同製品は、新たに開発したAPS-Cサイズで有効画素数約1,510万画素のCMOSセンサーと、さらなる高速処理と低ノイズ化をはかった高性能映像エンジン「DIGIC 4」を搭載するエントリーモデル。ISO感度の常用設定範囲は上位モデル「EOS-1D Mark III」や「EOS 50D」と同じISO100〜3200で、自動設定幅はISO100〜1600。同シリーズとしては初めてISO感度拡張機能を搭載し、ISO6400/12800も設定できる。

 動画撮影機能を同シリーズでは初めて搭載。記録画質はフルHD(1,920×1,080ピクセル・20フレーム/秒)、HD(1,280×720ピクセル・30フレーム/秒)、標準(640×480ピクセル・30フレーム/秒)の3種類から選択可能。動画撮影中にシャッターボタンを押せば、一時的に動画撮影を中断して静止画を撮影できる。また、HDMI端子を装備するので、フルHD対応テレビに直接つないで静止画や動画を高画質で楽しめる。

 ディスプレイは約92万ピクセル表示対応の3.0型クリアビュー液晶を搭載し、液晶で映像を確認しながら撮影できる「ライブビュー撮影」機能を装備。ライブビュー撮影時のAFは、ライブビューの表示を一瞬中断して素早くピントを合わせる「クイックモード」、ライブビュー表示のままAFを行える「ライブモード」、フェイスキャッチテクノロジーを活用し顔を検知してピントを合わせる「顔優先ライブモード」の3種類から選択できる。そのほか、撮影した被写体の明るさやコントラストを解析し自動的に画像調整するオートライティングオプティマイザ機能、センサーダストを総合的に防ぐ「EOS Integrated Cleaning System」などを備える。

 なお、レンズキットはカメラ本体とレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」、ダブルズームキットはカメラ本体とレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」のセットモデルとなる。

 EOS Kiss X3のおもな仕様は以下のとおり。

・撮像素子:約1,510万画素CMOSセンサー
・感度:ISO100〜3200(6400、12800の感度拡張が可能)
・AF測距点数:9点
・シャッタースピード:1/4000〜30秒
・ディスプレイ:3.0型クリアビュー液晶
・対応フラッシュメモリ:SDHC/SD
・対応ファイル形式:静止画JPEG/RAW、動画MOV
・インターフェース:USB、HDMI、映像/音声出力
・本体サイズ:幅128.8×高さ97.5×奥行き61.9mm
・重さ:480g
・付属品:バッテリーパック「LP-E5」/バッテリーチャージャー/インターフェースケーブル/AVケーブル/ワイドストラップなど

 また、単3形乾電池×2で動作する小型スピードライト「270EX」も4月下旬に発売。発光部が前面に位置するスラント(傾斜)形状を採用した収納しやすいコンパクトボディ。ガイドナンバー22/27を切り替えられる照射角度切り替え機能や、上方向3段階(60、75、90度)に設定可能でストロボ光を天井などに反射させて撮影できるバウンス機構を搭載し、カメラのCPUと連動した「E-TTL II自動調光」に対応する。価格は16,000円。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top