キヤノン、一眼「EOS Kiss X7i」と新レンズを4月12日発売、動く被写体にピントを合わせ続ける | RBB TODAY

キヤノン、一眼「EOS Kiss X7i」と新レンズを4月12日発売、動く被写体にピントを合わせ続ける

IT・デジタル デジカメ

「EOS Kiss X7i」
  • 「EOS Kiss X7i」
  • 「EOS Kiss X7i」に新搭載された360度回転式のモードダイヤル
  • キヤノン、一眼「EOS Kiss X7i」と新レンズを4月12日発売、動く被写体にピントを合わせ続ける
 キヤノンは、「EOS Kiss X7i」を4月12日に販売開始すると発表した。新製品発表当初は4月下旬の発売を予定していたが、今回、発売日が正式に決定した。

 製品ラインアップと同社直販サイト価格は、「EOS Kiss X7i」のボディ単体が89,800円、「EF-S18-55 IS STM レンズキット」が99,800円、「EF-S18-135 IS STM レンズキット」が129,800円。

 同製品は、約1,800万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ)と映像エンジンDIGIC 5を搭載したデジタル一眼レフカメラ。2012年6月発売の「EOS Kiss X6i」の後継機で、ディスプレイは電容量式のタッチパネル付き3型液晶。上下/左に可動するバリアングル式液晶で、ローアングルとハイアングルの撮影に対応する。AF測距点はファインダー撮影時に9点オールクロス測距。

 新製品のステッピングモーター搭載レンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」(こちらも発売日が4月12日に決定)との組み合わせで、動く被写体に自動でピントを合わせ続ける動画サーボAFを可能とした。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top