IBMとマイクロソフト、それぞれのクラウドでエンタープライズ・ソフトを相互提供 | RBB TODAY

IBMとマイクロソフト、それぞれのクラウドでエンタープライズ・ソフトを相互提供

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

マイクロソフトによるリリース
  • マイクロソフトによるリリース
  • IBMのクラウド紹介サイト
 米IBMと米マイクロソフトは22日(現地時間)、両社がそれぞれのエンタープライズ・ソフトウェアをMicrosoft AzureとIBMクラウドで連携して提供することを発表した。

 「WebSphere Liberty」「MQ」「DB2」などの主要なIBMミドルウェアを、Microsoft Azureで利用可能とするとともに、「Windows Server」「SQL Server」をIBMクラウドで提供する。

 あわせて両社は、IBMのオープン・クラウドPaaS「Bluemix」の開発プラットフォーム用に、Microsoft .NETランタイム環境を連携して提供する。これにより、数百万の規模で存在する.NET開発者がIBMのクラウド・プラットフォーム上で顧客向けのアプリケーションを大規模なスケールで構築可能となる見込みだ。まずは、Bluemixで.NETの運用プレビュー版を限定的に提供する予定。

 またIBMは、Windows Server Hyper-V上で実行されるIBMソフトウェアのサポートを拡大する。今後両社は、「IBM PureApplication Service」を、Microsoft AzureとIBM SoftLayerの両方で利用できるようにする予定だ。これらの施策により、ハイブリッド・クラウドにおける選択肢を拡大するのが狙いとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top