キヤノン、Wi-Fi機能とタッチパネル操作を採用したコンパクトデジカメ | RBB TODAY

キヤノン、Wi-Fi機能とタッチパネル操作を採用したコンパクトデジカメ

IT・デジタル デジカメ

「PowerShot S110」ブラック
  • 「PowerShot S110」ブラック
  • 「PowerShot S110」シルバー
  • 「PowerShot S110」ホワイト
  • 背面
  • 上側
 キヤノンは19日、同社デジカメPowerShot」シリーズより、無線LAN機能と液晶タッチディスプレイを搭載するコンパクトデジカメ「PowerShot S110」を発表した。販売開始は10月中旬。直販サイト価格は49,980円。

 同製品は、従来機種「PowerShot S100」(2011年12月発売)の後継機で、Wi-Fi機能を搭載するコンパクトデジカメ。アクセスポイントを経由して、スマートフォンやタブレット、ノートPCなどの機器と撮影した写真・動画を共有できる。

 マルチタッチに対応する3型液晶タッチディスプレイを新搭載し、「タッチシャッター」や、AFフレームをタッチ操作で移動できる「タッチAF」を利用可能。また、ズームレンズをマニュアル操作するように設定ができる「コントローラーリング」を搭載。タッチパネルとコントローラーリングを組み合わせて、設定などの操作が行なえる「タッチアンドセレクト」を採用する。

 撮像素子は、有効画素約1,210万画素の1/1.7型CMOSセンサーを搭載。映像エンジンには、CMOSセンサーのノイズ低減処理の情報をもとに、さらに高度な処理を行なう「DIGIC 5」を搭載。解像感を損なわずにノイズの低減を可能にするという。

 ワイヤレスは802.11b/g/n。焦点距離は35mm換算で21~120mm。ISO感度は80~12,800。記録形式は静止画がJPEG/RAW、動画がMOV。記録メディアはSDXC/SDHC/SDカード。インターフェースはHDMI/USBなど。本体サイズは幅98.8×高さ59×奥行き26.9mm、重さは約198g(バッテリ、SDカードを含む)。カラーバリエーションはブラック/シルバー/ホワイトの全3色。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top