キヤノン、1回の撮影で5種類のアート写真を生成するクリエイティブなデジカメ | RBB TODAY

キヤノン、1回の撮影で5種類のアート写真を生成するクリエイティブなデジカメ

IT・デジタル デジカメ

「PowerShot N」チルト式ディスプレイ
  • 「PowerShot N」チルト式ディスプレイ
  • 本体前面
  • 「クリエイティブショット」で構図を調整したイメージ
  • 「クリエイティブショット」で色/光を調整したイメージ
  • 小型スクエアデザイン
  • 両吊りネックストラップ・カメラジャケット
  • 500セット限定のビンテージブラウン
 キヤノンは、デジカメ「PowerShot」シリーズで新たに「クリエイティブショット」を搭載する新コンセプトのデジカメ「PowerShot N」を発表した。同社直販サイト限定販売で、3月中旬から予約受付を開始し、販売開始は4月下旬。価格は29,980円。500台限定モデルも用意し、同32,980円。

 同製品は、有効画素数1,210万画素で1/2.3型CMOSセンサーと映像処理エンジン「DIGIC 5」を搭載するコンパクトデジカメ。35mm判換算で28~224mmの光学8倍ズームレンズを装備する。

 大きな特長として「クリエイティブショット」を搭載。1回のシャッターで通常の写真を撮影できるほか、「アングル」「構図」「色、光」をカメラが自動で変更・調整した5種類の写真を生成。アート作品のような写真の仕上がりも可能としている。ほかにも「トイカメラ風」や「ジオラマ風」、「魚眼風」といった「シーンモード」撮影にも対応する。

 また、レンズ一体型コンパクトデジタルカメラにおいて世界初としてシャッターリング方式を採用(1月24日現在、同社調べ)。レンズ部に搭載したリングを上下に操作してシャッターを切る「シャッターリング」や、リングを使用してズーム倍率の設定を行う「ズームリング」を搭載する。

 タッチパネルの2.8型液晶ディスプレイを装備。ディスプレイ部は上方向約90度の角度調整が可能なチルト式を採用。レンズを上に向けたハイポジションや、足元など低いアングルでのローポジションの撮影に対応する。

 本体デザインは、小型スクエアで左右対称のシンメトリータイプ。マルチポーター/サクラパール/ステッチブラック/アクアブルーの4つのデザインから選べる、両吊りネックストラップ・カメラジャケットがセットとなっている。なお、500セット限定でビンテージブラウンもラインアップする。

 そのほかの機能として、Wi-Fi機能を搭載しており、スマートフォンやタブレットなどとデータを共有することが可能。フルHD動画撮影機能も備えており、動画撮影中のズームにも対応する。

 記録メディアはmicroSD/microSDHC/microSDXC、記録形式は、静止画がJPEGで動画がMOV。バッテリはリチウムイオン充電池。本体サイズは幅78.6×高さ60.2×奥行き29.3mm、重さは約195g(バッテリ/メモリカード含む。本体のみ約174g)。付属品はリストストラップ/バッテリパック/コンパクトパワーアダプタ/インターフェースケーブル/カメラジャケット/両吊りネックストラップなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top