日立情報とマイクロソフト、SaaS型を含む「Microsoft Dynamics CRM」導入支援を提供開始 | RBB TODAY

日立情報とマイクロソフト、SaaS型を含む「Microsoft Dynamics CRM」導入支援を提供開始

エンタープライズ その他

Microsoft Dynamics CRM導入支援サービス概要
  • Microsoft Dynamics CRM導入支援サービス概要
  • 「BusinessStage/Dynamics CRM」システムイメージ
 日立情報システムズとマイクロソフトは16日、マイクロソフトの総合CRM(顧客情報管理)アプリケーションである「Microsoft Dynamics CRM 4.0」をベースとしたCRMソリューション分野で協業することを発表した。これにより日立情報システムズは導入支援サービスを提供開始する。

 Dynamics CRMを社内に設置する「自社設置(オンプレミス)型」、オンデマンドで利用する月額単位契約での「サービス(SaaS)型」の「BusinessStage/Dynamics CRM」、そして「ハウジング(運用委託)型」の3タイプが用意されており、各企業の経営戦略やビジネス環境にあわせてシステムの要件分析やカスタマイズを行うともに、導入後の製品問い合わせ対応まで含めてトータルに支援する。

 日立情報は社内に30名の専任部隊を設置するとともに、現行業務の分析、潜在要件の定義から設計、構築、運用までを行う「Dynamics CRM導入支援サービス」を2月より提供開始し、今後1年で20社への導入を目標とする。また3月までにDynamics CRMの認定資格であるMBMS(Microsoft Business Management Solutions)を30資格、取得する予定とのこと。

 なお、マイクロソフトは日立情報の「Dynamics CRM導入支援サービス」提供にあたり、Dynamics CRMと連携する各種サーバー製品を含めた包括的な技術支援を日立情報に行うとともに、イベントやセミナーなどを通してCRMシステムの導入促進、定着化を支援するとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top