「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」など米国動画サイトで配信——日本テレビ、吉本興業、電通の3社 | RBB TODAY

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」など米国動画サイトで配信——日本テレビ、吉本興業、電通の3社

ブロードバンド その他

 日本テレビ放送網、吉本興業、電通は19日、共同で動画配信サイトJoostを通じて、米国で日本のコンテンツの配信サービスを行う契約を締結したと発表した。

 配信予定コンテンツは、日本テレビの人気番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」「進め!電波少年」や吉本興業の松本人志主演の「HITOSI MATUMOTO VISUALBUM」、アニメ番組「BUZZER BEATER」など合計で6タイトル105本、35時間分。バラエティ番組は、Joostのサイト内に「JAPANESE HUMOR 〜OWARAI〜」(ジャパニーズ・ユーモア〜お笑い〜)という日本のお笑い紹介チャンネルを立ち上げ、そのチャンネルを通じて配信する。アニメ番組は、番組ごとの単独チャンネルを通じての配信になる。サイトでは、日本語版(オリジナル)に英語字幕を入れて配信。配信サービス開始は12月の予定で、配信地域は米国に限定され日本からの視聴はできない。日本テレビと吉本興業がコンテンツ供給を行い、電通が番組内で流れるCMなど広告枠の販売を行う。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top