米Microsoft、クラウド向け総合プラットフォーム「Windows Azure」を発表 | RBB TODAY

米Microsoft、クラウド向け総合プラットフォーム「Windows Azure」を発表

エンタープライズ その他
 米Microsoftは27日(現地時間)、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催中の開発者会議「Microsoft Professional Developers Conference 2008」の基調講演において、クラウド向け総合プラットフォーム「Windows Azure」を発表した。また、出席者向けにAzure Services Platformの限定版コミュニティテクノロジプレビュー(CTP)の提供が行われた。

 Windows Azureは、Azure Services Platformの基礎となるクラウドベースのサービス基盤で、クラウドベースの開発者向け機能とストレージ、コンピューティング、ネットワークの基盤サービスとの組み合わせたもの。これらのサービスはすべて同社のグローバルデータセンターネットワーク内のサーバでホスティングされ、開発者はアプリケーションをクラウド、あるいは企業内のいずれでも展開できるようになるとしている。また、開発者は、商用、あるいはオープンソースの広範な開発ツールから選択が行え、HTTP、REST(Representational State Transfer)、WS-*、Atom Publishing Protocol(AtomPub)などの多様なインターネット標準を利用してAzure Services Platformにアクセスできる。

 Azure Services Platformの主要構成要素は、サービスのホスティングと管理、ローレベルのスケーラブルなストレージ、コンピューティング、ネットワーキングを提供する「Windows Azure」、広範なデータベースとレポーティングサービスを提供する「Microsoft SQL Services」、ワークフローやアクセス制御などの.NET Frameworkにおける周知の概念のサービスベースによる実装を行う「Microsft .NET Services」、ユーザーが文書、写真、ファイル、情報を保管、共用、同期するためのPC、電話、PCアプリケーション、ウェブサイトにかかわらない一貫した手段を提供する「Live Services」、クラウドにおけるコンテンツ管理、コラボレーション、迅速なソリューション展開を提供する「Microsoft SharePoing and Microsoft Dynamics CRM Services」。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top