インテルとMSら3社、vProとSCCM 2007によるTCO削減ソリューション推進活動 | RBB TODAY

インテルとMSら3社、vProとSCCM 2007によるTCO削減ソリューション推進活動

 インテル、ウチダスペクトラム、およびマイクロソフトの3社は16日、企業のクライアントPCの運用管理を効率化することでTCOの削減を目的とした「マネージドビジネスPCイニシアチブ」の立ち上げを発表した。

エンタープライズ その他
課題解決を支援するソリューション
  • 課題解決を支援するソリューション
  • ソリューション詳細
 インテル、ウチダスペクトラム、およびマイクロソフトの3社は16日、企業のクライアントPCの運用管理を効率化することでTCOの削減を目的とした「マネージドビジネスPCイニシアチブ」の立ち上げを発表した。

 マネージドビジネスPCイニシアチブは、インテルのビジネスPC向けプラットフォーム「インテルvProテクノロジ」搭載ハードウェアとマイクロソフトの構成管理運用ソリューション「System Center Configuration Manager 2007」を組み合わせることで、System Center Configuration Manager 2007の管理コンソールから一元的にビジネスPCを管理できるようになるほか、運用管理の効率化による保守費用の削減がきたいできるというもの。また、3社による共同検証で得た結果をホワイトペーパーとして同日より一般公開したほか、11月に検証結果の詳細を説明するセミナーを3社協同で開催する予定となっている。

 3社は、マネージドビジネスPCイニシアチブでの活動を通じて、2009年6月までに2万5,000台のビジネスクライアントPCへ同ソリューションを導入することを目標としている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top