ジュニパーネットワークス、「インテリジェント・サービス・エッジ」を発表 | RBB TODAY

ジュニパーネットワークス、「インテリジェント・サービス・エッジ」を発表

エンタープライズ その他
 ジュニパーネットワークスは21日、エッジ・ポートポリオを拡大する「インテリジェント・サービス・エッジ」(ISE)を発表した。
  •  ジュニパーネットワークスは21日、エッジ・ポートポリオを拡大する「インテリジェント・サービス・エッジ」(ISE)を発表した。
  •  ジュニパーネットワークスは21日、エッジ・ポートポリオを拡大する「インテリジェント・サービス・エッジ」(ISE)を発表した。
  •  ジュニパーネットワークスは21日、エッジ・ポートポリオを拡大する「インテリジェント・サービス・エッジ」(ISE)を発表した。
  •  ジュニパーネットワークスは21日、エッジ・ポートポリオを拡大する「インテリジェント・サービス・エッジ」(ISE)を発表した。
 ジュニパーネットワークスは21日、エッジ・ポートポリオを拡大する「インテリジェント・サービス・エッジ」(ISE)を発表した。

 今回の発表には、エッジルータの「Mシリーズ」や「MXシリーズ」、イーサネット用ルータ「MultiServices DPC」(MS-DPC)や「Flexible PIC Concentrator」(MX-FPC)などのハードウェアのほかに、ネットワークOS「JUNOS」の機能追加がある。

 MS-DPCとMX-FPCは、MXシリーズに組み込むことで機能が追加できるモジュール。MS-DPCは、ステートフル・ファイアーウォール、NAT、IPsecなどのセキュリティ機能が追加できる。一方のNX-FPCは、SONETなどのイーサネット以外の接続が可能になる。

 JUNOSは、ブロードバンドの加入者管理機能のMシリーズとMXシリーズへの追加、QoSと侵入検知防御システムの強化などが行われた。

 ジュニパーネットワークスのサービスプロバイダーマーケティングマネージャの佐宗大介氏は、サービスプロバイダを取り巻く環境として、トラフィックは増えるものの売り上げが減少していることを指摘した。これは、固定網も移動網も同様だ。これを解決する方法として、「新しいサービスの創出につきる」とした。

 その実現に必要なのが、ISEの特徴であるスケーラビリティ、高い拡張性、シンプルな運用の3点だ。

 MS-DPCでは、Mシリーズとは独立してセキュリティに関するアプリケーションが動いている。そのためMシリーズに機能を追加しても、パフォーマンスの低下が防げる。

 シンプルな管理は、JUNOSで実現される。これまでは、加入者管理機能、アプリケーションコントロール、エッジ・セキュリティ、マルチメディアサービスGWが個別に動作していた。JUNOSでは、これらのサービスを一括して管理ができる。

 また、各製品とも省電力と省スペース性をうたっており、Mシリーズの電力効率は最近発表された他社の製品の半分程度としている。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top