日立、エンタープライズサーバ「EP8000 570」にPOWER6を最大32way搭載可能なモデルを追加 | RBB TODAY

日立、エンタープライズサーバ「EP8000 570」にPOWER6を最大32way搭載可能なモデルを追加

エンタープライズ その他
EP8000 570 (POWER6搭載)
  • EP8000 570 (POWER6搭載)
 日立は17日、高性能・高信頼なシステム向けのエンタープライズサーバ「EP8000 570」において、最新のPOWER6プロセッサー4.2GHzを最大32wayまで搭載可能なモデル、およびPOWER6プロセッサー4.4GHz/5.0GHzを最大16wayまで搭載可能なモデルを、あらたにラインアップに追加した。

 「EP8000 シリーズ」は、金融機関をはじめ、電力、交通といった社会基盤や企業の基幹業務において多く採用されているシリーズ。現行機は、POWER6(4.7/4.2/3.5GHz)を最大16wayまで搭載可能なモデルを揃えていたが、「EP8000 570」32wayモデルは、現行モデルに比べトランザクション処理性能を最大約1.4倍向上し、上位モデルに迫る高い処理性能を実現したという。メモリ容量は最大768GBまで、拡張PCIスロット数は最大212スロットまで増強できる可能となっている。

 形状はラックマウント方式で、標準ラック筐体(23U〜42U)となる。搭載OSはAIX version 6.1またはAIX version 5.3。

 「EP8000 570」モデルの価格は税込2,921万9,400円〜。32wayモデルが2009年3月31日より出荷開始、16wayモデルが2009年1月30日より出荷開始となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top