NEC、ソフトバンクモバイルよりIMS方式フェムトセルシステムを受注 | RBB TODAY

NEC、ソフトバンクモバイルよりIMS方式フェムトセルシステムを受注

 日本電気は22日、IMS方式のフェムトセルシステムをソフトバンクモバイルより受注した。

エンタープライズ その他
IMS方式フェムトセルシステムの概要
  • IMS方式フェムトセルシステムの概要
 日本電気は22日、IMS方式のフェムトセルシステムをソフトバンクモバイルより受注した。

 フェムトセルは、携帯電話の電波を屋内に引き込まれているブロードバンド回線を利用して送受信できる、家庭向け超小型無線基地局。今回受注したIMS方式のフェムトセルシステムは、IMS Core、Femto GW、およびFemto APから構成され、フェムトセルからの通信をSIPサーバで構成されたIMSで独立して制御するため、既存携帯電話網に負荷がかからず携帯電話網全体の負荷分散を可能としたもの。フェムトセルが普及してもトラフィックの増加による輻輳などを防げるほか、基幹ネットワークのIP化にも対応するため、ブロードバンド/固定網/携帯電話網に共通なネットワークが構築できる。また、SDPとの親和性が高く、将来、フェムトセルとホームサーバとの連携による新規ビジネスの展開なども期待できる。

 なお、ソフトバンクモバイルは、2008年6月に商用IMS方式フェムトシステム構築を完了してトライアルを開始したが、2009年1月よりIMS方式のフェムトセルサービスの本格展開を予定している。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top