ニコン、コンパクトデジカメ「COOLPIX Pシリーズ」最高の1,350万画素、GPS/有線LAN搭載 | RBB TODAY

ニコン、コンパクトデジカメ「COOLPIX Pシリーズ」最高の1,350万画素、GPS/有線LAN搭載

 ニコンは、本格的な撮影ができる多機能、高性能な「COOLPIX Pシリーズ」のフラッグシップモデルとして「P6000」を発表。9月より販売する。価格はオープンで、予想実売価格は60,000円前後。

IT・デジタル デジカメ
COOLPIX P6000
  • COOLPIX P6000
 ニコンは、本格的な撮影ができる多機能、高性能な「COOLPIX Pシリーズ」のフラッグシップモデルとして「P6000」を発表。9月より販売する。価格はオープンで、予想実売価格は60,000円前後。

 同製品は、有効画素数が1,350万画素で同シリーズの最高画質モデル。同社独自の画像処理コンセプト「EXPEED」と、広角28mmから112mm相当(35mm判換算焦点距離)までをカバーする光学4倍ズームNIKKORレンズを搭載。撮影後にも画像の露出補正やホワイトバランスの調整ができるCOOLPIX独自のRAWファイル形式(NRW)へ対応するなど、コンパクトデジタルカメラでありながら本格的な撮影を楽しめる機能を備えている。

 GPSユニットの内蔵し、Geotag(写真が撮影された位置情報/緯度・経度)を画像データに付加することができる。また、LAN端子(100BASE-TX)を装備しており、LANケーブルを直接接続し、インターネットを経由してニコンの画像保存・共有サイト「my Picturetown」にアクセスが可能。ピクチャーバンクでの画像送信に対応している。

 ほかには、撮影シーンや好みに合わせて画像の仕上がりを設定できるCOOLPIXピクチャーコントロールに対応。イメージ通りの写真表現へと近づける4つの露出モード(プログラムオート[P]/シャッター優先オート[S]/絞り優先オート[A]/マニュアル[M])を搭載し、Mモードを選択すればシャッタースピードと絞り値を自分で設定できるほか、カメラ背面のMF(マニュアルフォーカス)ボタンとコマンドダイヤルで、マニュアルフォーカスによる撮影が可能となる。

 ブレ軽減機能も備え、シャッタースピード約3段分1の手ブレ軽減効果のあるレンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能や、被写体ブレや暗い場所での撮影に効果的な高感度ISO 6400への対応。最高10コマの連続撮影を行い、最もブレが少なく鮮明な画像を自動的に記録する同社独自のBBS(ベストショットセレクター)を搭載している。

 おもな仕様は以下のとおり。

●COOLPIX P6000
・有効画素数:1,350万画素
・ディスプレイ:2.7型液晶(反射防止コート/輝度調節機能付き)
・レンズ:光学4倍ズーム
・焦点距離:6.0〜24.0mm(35mm判換算/28〜112mm相当の撮影画角)
・絞り:F2.7〜5.9
・マクロ撮影:2cm
・ISO感度:100〜6400
・記録メディア:内蔵メモリ(約48MB)/SDメモリーカード
・バッテリ:リチウムイオン充電池(フル充電時最大約260枚撮影)
・本体サイズ/重さ:幅107×高さ65.5×奥行き42mm/240g
《近藤》

関連ニュース

特集

page top