赤外線通信で手軽にケータイから写真を受信できるデジタルフォトフレーム | RBB TODAY

赤外線通信で手軽にケータイから写真を受信できるデジタルフォトフレーム

IT・デジタル デジカメ

ポケふぉと(EG-IRDPF35)
  • ポケふぉと(EG-IRDPF35)
  • ポケふぉと(右インターフェース部)
  • ポケふぉと(左側面)
  • ポケふぉと(背面)
 イーグローバレッジは、赤外線通信対応ミニデジタルフォトフレーム「ポケふぉと(EG-IRDPF35)」の発売を開始した。価格はオープン。

 同製品は、赤外線通信を使用し携帯電話やデジタルカメラから直接画像データを受信できるミニデジタルフォトフレーム。PC不要で簡単に大容量の画像データを転送できる。

 3.5V型の液晶ディスプレイを搭載し、最大解像度は320×240ピクセル(アスペクト比4:3)。本体カラーはホワイト。本体サイズは幅95×高さ89×奥行き13mmで、重さは約100g。ポケットサイズで軽量なボディを採用し、手軽に持ち運べるように配慮している。

 SD/SDHCカードスロットを搭載し、赤外線通信で受信した画像を本体内蔵メモリ(4MB)、またはSD/SDHCカード(最大32GB)に保存できる。対応ファイル形式はJPEG。インターフェースはUSB2.0、赤外線通信(最大転送ファイルサイズ4MB)。USBでPCに接続した時は、SD/SDHCカードスロットへのデータ転送が可能となる(内蔵メモリには非対応)。

 6種類のスライドショーを3種類のスピードで鑑賞できる機能を搭載。そのほかにも、90度回転機能、ズーム機能を備えた。また、バッテリはリチウム電池を内蔵し、ACアダプタでの充電以外に、USBバスパワーにも対応する。
《》

関連ニュース

特集

page top