日本HP、中小規模向けにファイバチャネルスイッチを発表〜低価格帯でのSAN環境構築を実現 | RBB TODAY

日本HP、中小規模向けにファイバチャネルスイッチを発表〜低価格帯でのSAN環境構築を実現

 日本ヒューレット・パッカードは29日、ファイバチャネルスイッチ「HP StorageWorks 8/20q FC スイッチ」と、ディスクアレイ用のデータ複製ライセンスを発表した。

エンタープライズ その他
 日本ヒューレット・パッカードは29日、SAN(ストレージエリアネットワーク)環境構築を低価格で実現するファイバチャネルスイッチ「HP StorageWorks 8/20q FC スイッチ」と、エントリクラスのディスクアレイ「HP StorageWorks Modular Smart Array 2000」用のデータ複製ライセンスを発表した。出荷開始は6月下旬となる。

 国内の外付型オープンシステム・ディスクストレージシステムのうち、システム価格500万円未満の価格帯は、高い成長率が予想されており、日本HPは2008年4月に、この市場にフォーカスした製品「HP StorageWorks 4400 Enterprise Virtual Array(EVA4400)」と「MSA2000」を発表している。今回発表の「8/20q FC スイッチ」を組み合わせることにより、SAN環境の構築がさらに安価に実行できるとのこと。

 「8/20q FC スイッチ」は、8Gbpsファイバチャネルのスピードをサポートする1UラックマウントサイズのFCスイッチ。20個のポートを搭載し、ポート当たりの単価を抑えたほか、ホストバスアダプタやケーブル類をバンドルしたバンドルキットも用意し、同等構成の価格と比較した場合、約32%のコストダウンを行ったという。

 「MSA2000 Snapshot使用権」と「MSA2000 Volume Copy使用権」は、これまでは主にミッドレンジ以上のディスクアレイ製品のみで使用可能だったスナップショット機能およびボリュームコピー機能を、「MSA2000」で有効にするためのライセンス製品で、データ保護機能を低コストで強化可能となっている。

 価格はHP StorageWorks 8/20q FC スイッチが税込630,000円、HP StorageWorks 8/20q SAN バンドルキットが987,000円(バンドル製品:8Gb対応FCホストバスアダプタ4枚、SFP 10個、5m FCケーブル6本)。MSA2000 Snapshot 8ライセンス 使用権が157,500円〜、MSA2000 Volume Copy 使用権が472,500円。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top