ソニー、有効1,360万画素のコンパクトデジカメ——5コマ連写 | RBB TODAY

ソニー、有効1,360万画素のコンパクトデジカメ——5コマ連写

 ソニーは23日、世界初の有効1,360万画素「Super HAD CCD」を搭載したコンパクトデジタルカメラ「DSC-W300」と、同720万画素の「DSC-W110」を発表。

IT・デジタル デジカメ
DSC-W300
  • DSC-W300
  • DSC-W110
 ソニーは23日、世界初の有効1,360万画素「Super HAD CCD」を搭載したコンパクトデジタルカメラ「DSC-W300」と、同720万画素の「DSC-W110」を発表。5月16日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は45,000円、23,000円前後。

 DSC-W300は、有効1,360万画素で、チタンコートを施したステンレスボディを採用したコンパクトデジタルカメラ。2.7型クリアフォト液晶、秒間最大5コマの高速連写、マニュアル機能など装備する。

 撮影が難しい逆光や夜景などのシーンをカメラが自動で認識して最適な撮影を行う「おまかせシーン認識」や、「子ども」と「大人」の笑顔をそれぞれ優先して撮影できる最新の「スマイルシャッター」などを搭載。

 焦点距離は35-105mmで、F2.8-5.5。シャッタースピードは30〜1/1,000秒。記録メディアはメモリースティックで、内蔵メモリは15MB。インターフェースはUSB2.0/AV出力など。本体サイズは幅94.3×高さ59×奥行き26.8mm、重さは156g。

 DSC-W110は、光学4倍ズーム、新「スマイルシャッター」、初心者にも分かりやすく使いやすい「かんたん撮影モード」(EASY)などを搭載したコンパクトデジカメ。有効画素数は720万画素。

 ブレに強いISO3200や、撮影した画像データを瞬時に分析して撮影シーンに応じた適切な露出・コントラストに自動補正する「Dレンジオプティマイザー」機能を装備。

 焦点距離は32-128mmで、F2.8-5.8。シャッタースピードは1〜1/1,600秒。記録メディアはメモリースティックで、内蔵メモリは15MB。フル充電で約420枚の撮影が可能。インターフェースはUSB2.0/AV出力など。本体サイズは幅88.2×高さ57.2×奥行き22.9mm、重さは123g。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top