ニコン、世界最小の光学18倍ズームレンズ搭載コンパクトデジカメ | RBB TODAY

ニコン、世界最小の光学18倍ズームレンズ搭載コンパクトデジカメ

 ニコンは10日、COOLPIX Pシリーズの新モデル「COOLPIX P80」を発表。4月25日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円前後。

IT・デジタル デジカメ
COOLPIX P80
  • COOLPIX P80
 ニコンは10日、COOLPIX Pシリーズの新モデル「COOLPIX P80」を発表。4月25日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円前後。

 同製品は、光学18倍ズームレンズ搭載で世界最小のボディー(約110×79×78mm)を実現したコンパクトデジタルカメラ。35mm判換算で広角27mmから超望遠486mmまでをカバーする。開放F値はF2.8〜4.5。

 有効画素数は1,000万画素で、同社独自の画像処理コンセプト「EXPEED」を搭載。また、最大約13コマ/秒の高速連続撮影ができる「スポーツ連写モード」や、手ブレ補正機能などを備える。

 そのほか、画面の中の顔を自動認識してピントを合わせる「顔認識AF」、赤目を抑える「アドバンスト赤目軽減」、暗い部分を明るく補正する「D-ライティング」の3つの機能でキレイなポートレートが撮影できるフェイスクリアー機能を搭載する。

 ディスプレイは広視野角2.7型液晶で、反射防止コート/輝度調節機能付き。記録メディアは内蔵メモリー(約50MB)とSDメモリーカード。ISOは64〜3200。バッテリは—リチウムイオン電池でフル充電時の最大撮影枚数は約250枚。重さは約365g。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top