ニコン、無線LAN通信機能搭載の「COOLPIX S」シリーズ | RBB TODAY

ニコン、無線LAN通信機能搭載の「COOLPIX S」シリーズ

 ニコンは10日、「COOLPIX S」シリーズの新モデル「S52c」と「S52」を発表。5月16日と4月25日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円、35,000円前後。

IT・デジタル デジカメ
S52c
  • S52c
  • S52のベージュゴールド
  • S52のコーラル
 ニコンは10日、「COOLPIX S」シリーズの新モデル「S52c」と「S52」を発表。5月16日と4月25日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円、35,000円前後。

 S52cは、ワイヤレスでインターネットに接続し、画像を送信できる無線LAN通信機能搭載の「COOLPIX S51c」の後継モデル。IEEE802.11b/g規格に準拠した無線LAN(Wi-Fi)通信機能を内蔵する。無線機能を活用して、画像保存・共有サイト「my Picturetown」で、デジタルフォトを楽しむことができる。ボティカラーはパープリッシュブラック。レンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能を装備。

 S52は、自然に手になじみ、操作しやすい複合曲面フォルムを採用したデザイン。アルミ製フロントパネル、ボディーを引き締めるメッキ処理されたサイドプレートを採用。顔がキレイに撮れる「フェイスクリアー機能」「レンズシフト方式手ブレ補正(VR)機構」などを搭載。カラーはベージュゴールド、コーラルを用意。

 有効画素数は900万画素。レンズは光学3倍ズーム/38〜114mm/F3.3〜4.2。ディスプレイは広視野角3.0型TFT液晶で、反射防止コート/輝度調節機能付き。記録メディアは内蔵メモリー(約38MB)とSDメモリーカード。ISOは100〜3200。バッテリは—リチウムイオン電池でフル充電時の最大撮影枚数は約200枚。本体サイズはS52cが約97.5×59×21mm、S52が約93×59×21mm、重さは約125g。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top