ソニー、「大人」「子供」自動判別コンパクトデジカメの低価格モデル | RBB TODAY

ソニー、「大人」「子供」自動判別コンパクトデジカメの低価格モデル

IT・デジタル デジカメ

サイバーショット DSC-W120
  • サイバーショット DSC-W120
 ソニーは18日、「大人」と「子供」を自動判別する新「スマイルシャッター」搭載のコンパクトデジタルカメラの低価格モデル「サイバーショット DSC-W120」を発表。カラーはシルバー、ブラック、ブルー、ピンクを用意。3月7日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は28,000円前後。

 同製品は、大人と子供の顔を自動で判別する新「スマイルシャッター」を搭載した有効720万画素のコンパクトデジタルカメラ。「こども優先」と「おとな優先」機能で、それぞれの笑顔を優先して撮影する設定が可能だ。「スマイルシャッター」起動中、液晶画面の左側にスマイルインジケーターが表示され、被写体のスマイルレベルを見られる。レベルが三角形の目盛りを超えると自動でシャッターが切れる。

 Super HAD CCDと光学4倍ズームのカール ツァイス「バリオ・テッサー」レンズを搭載。また、画像処理エンジン「BIONZ」による省電力化や、大容量リチャージャブルバッテリーパックの使用で、1回のフル充電で約350枚の撮影ができる。

 撮影した写真に音楽とエフェクトをつけて自動再生する音楽つきスライドショー機能が進化。カメラ本体にプリセットされている音楽を4曲から8曲に倍増したほか、複数の音楽を連続再生でき、最長約40分の再生が可能だ。

 撮像素子は、1/2.5型Super HAD CCD。レンズは32-128mm/F2.8-5.8。シャッタースピードは1/1,600〜1秒。液晶ディスプレイは2.5型液晶。内蔵メモリーは約15MBで、記録メディアはメモリースティック デュオ/メモリースティックPROデュオ/メモリースティックPRO-HGデュオ。本体サイズは幅88.2×高さ57.2×奥行き22.9mm、重さは約123g。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top