M-Root DNSサーバのIPv6アドレスがルートゾーンに登録される〜IPv6普及に大きな一歩 | RBB TODAY

M-Root DNSサーバのIPv6アドレスがルートゾーンに登録される〜IPv6普及に大きな一歩

ブロードバンド その他

 WIDEプロジェクトと日本レジストリサービスは5日、WIDEプロジェクトが運用責任を持ち、WIDEプロジェクトと日本レジストリサービスが共同運用しているM-Root DNSサーバのIPv6アドレスがIANA(Internet Assigned Numbers Authority)によってAAAAレコードとしてルートゾーンに登録されたと発表した。

 M-Root DNSサーバは、全世界に13あるルートサーバのひとつで1997年8月にアジア太平洋地域で唯一のルートサーバとしてWIDEプロジェクトが運用を開始した。その後、IP Anycast技術によるサーバの増設を行い、現在では東京に3カ所、ソウル、パリ、サンフランシスコにそれぞれ拠点を持ち、関係IX、および関係ISPの援助を受けて日本レジストリサービスと共同運用を行っている。今回の発表により、IPv6のみを用いたルートゾーンのDNS検索が可能となり、IPv6のさらなる普及に弾みがつくと期待されている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top