日本ネットワークイネイブラーとバッファロー、IPv6接続で協力 | RBB TODAY

日本ネットワークイネイブラーとバッファロー、IPv6接続で協力

ブロードバンド テクノロジー

「WXR-1900DHP」外観
  • 「WXR-1900DHP」外観
  • 「v6プラス」サービス概要
 メルコホールディングスグループの中核企業 バッファローと、日本ネットワークイネイブラー(JPNE)は29日、「IPv6」によるインターネット接続の普及に向けて相互協力することを発表した。

 バッファローの11ac対応Wi-Fiルーター「WXR-1900DHP」が、JPNEのISP事業者向けIPv4・IPv6デュアルスタックサービス「v6プラス」に対応する。同日より対応ファームウェア(Ver.2.31)の公開を開始している。

 一方JPNEは、ISP事業者向けに提供している「v6プラス」の対応機種として、「WXR-1900DHP」を追加。これにより、IPv6ネイティブ接続およびv4 over v6による高速インターネット通信が可能となっている。今後は、「WXR-1900DHP」に対応した「v6プラス」を提供するISP事業者を順次拡大する予定。

 「v6プラス」は、ビックローブおよびニフティが提供中。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top