Bluetooth 4.2の詳細発表……通信速度2.5倍、セキュリティ強化図る | RBB TODAY

Bluetooth 4.2の詳細発表……通信速度2.5倍、セキュリティ強化図る

IT・デジタル その他

Bluetooth SIGによるBluetooth 4.2特設ページ
  • Bluetooth SIGによるBluetooth 4.2特設ページ
  • 通信スピードが従来比2.5倍に
  • セキュリティ強化、省電力化が図られた
  • 280億のデバイスが想定されるため、IPv6をサポートする
 スマートフォンやタブレットに搭載され利用範囲の広がる無線規格Bluetoothだが、同規格を策定するBluetooth SIGが3日(現地時間)、最新規格Bluetooth 4.2の詳細を発表した。通信速度が2.5倍になっている。

 セキュリティ強化、通信スピード、IPv6サポート、省電力化などが主な改訂点。セキュリティでは、セキュリティ基準(FIPS)を高めることでプライバシー保護を強化。BluetoothデバイスでAppleのiBeaconなどを利用しても、ユーザーの許可なしで端末を追跡することができなくなる。

 通信スピードでは、対応デバイス同士の通信スピードが従来の2.5倍に高速化。送信エラーの減少につながるため、省電力化にも貢献する。

 また、スマートフォンなどでの採用で対応デバイスの増加が見込まれるため、IPv6に対応することでIPv6/6LoWPANを介して直接インターネットに接続可能となる。このIPv6対応は、2015年初頭からの予定。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top