日本TI、11.3Gbpsの新型イコライザ製品を発表〜低ジッタで基盤間データ伝送距離の延長に最適 | RBB TODAY

日本TI、11.3Gbpsの新型イコライザ製品を発表〜低ジッタで基盤間データ伝送距離の延長に最適

エンタープライズ その他

TLK1101Eのパッケージ外観
  • TLK1101Eのパッケージ外観
  • デバイスの入出力特性
 日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は20日、バックプレーンやケーブルによるPCB(プリント回路基板)間のデータ伝送距離を延長することができる高速イコライザ製品「TLK1101E」を発表した。

 「TLK1101E」は、最高11.3 Gbpsのマルチレート動作により、10G/8Gインターフェイス標準規格等をサポートするほか、2線式のシリアル・インターフェイスと外部ピン制御により、伝送速度・損失補償値等の内部設定の変更が可能となっている。これらのプログラム機能により、10Gビットイーサネット、10G/8Gビット ファイバーチャンネル、10G SONET (OC192)、SAS・SATA・InfiniBand、QSFP・SFP+・XFP・InfiniBand アクティブ・ケーブルなどの標準インターフェイスのデータ伝送速度およ
びチャンネル長に対応して、個々のデバイスを最適な性能に設定できる。

 「TLK1101E」のレシーバ回路は30dBの損失補償をすることにより、最長20mの24-AWGケーブル、または最長40インチ(101.6cm)のFR-4 バックプレーンの配線において、最高11.3Gbpsのデータ伝送速度をサポートする。同時に、イコライザ出力において0.13パルス周期(11.3Gbpsにおいて約11.5ps)のデターミニスティック・ジッタ性能を保持している。

 そのほかPCベースのGUIを提供することにより、試作段階の設計者の作業負担を大幅に軽減しているという。これにより、サーバ、ネットワーク・ストレージ、通信装置およびATE(自動試験装置)などの高性能機器の開発期間短縮が見込めるとのこと。

 「TLK1101E」は現在出荷中で、TIおよび販売特約店から20ピンQFNパッケージとして供給される。100個受注時の単価(参考価格)は12.35ドル。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top