東芝、車載用ハードディスクドライブ——80GBながら従来製品1.5倍の耐振動性 | RBB TODAY

東芝、車載用ハードディスクドライブ——80GBながら従来製品1.5倍の耐振動性

エンタープライズ その他
MK8050GAC
  • MK8050GAC
 東芝は29日に、業界最大クラスの記憶容量の80GBとなる車載用2.5型ハードディスクドライブ「MK8050GAC」「MK8050GACE」を開発し、サンプル出荷を開始した。40GBの記憶容量の「MK4050GAC」「MK4050GACE」も合わせて開発し、サンプル出荷を開始した。いずれの機種も、カーナビゲーションシステムなどの車載用として来年3月以降の量産を予定している。

 新商品では、垂直磁気記録方式を採用することで、記録密度を向上させ、「MK8050GAC」「MK8050GACE」ともに80GBという従来製品比22倍の容量を実現した。さらに、可動部品の軽量化や筐体の高剛性化を図り、基本的な耐振動性を向上させるとともに、ヘッド位置を的確に補正する制御技術を採用し、従来製品比1.5倍の29.4m/s2(5〜50Hz)という耐振動性を実現している。さらに、最新の空気力学による設計技術を適用し、気圧が低い高地でもHDDの磁気ヘッドとディスクの間隔を一定範囲に保つことで、安定したデータの読み書きを可能としている。この結果、従来製品より1,200m高い5,500mの高度での使用が可能となった。

 東芝製車載用HDDは、約85%の世界市場シェアを維持しており、11月に累計で販売台数700万台を達成している。なお、新商品は2006年7月施行のEU(欧州連合)RoHS指令にも適合しているとのことで、世界市場を睨んでの製品となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top