次世代DVD、購入したいメーカーは? 日本ブランド戦略研究所によるアンケート調査結果 | RBB TODAY

次世代DVD、購入したいメーカーは? 日本ブランド戦略研究所によるアンケート調査結果

IT・デジタル レコーダー
 日本ブランド戦略研究所は21日、次世代DVDの購入意向とメーカーのブランドイメージに関するアンケート調査の結果を公表した。調査結果によると、消費者が購入したいと考える次世代DVDメーカーの1位はソニーとなっている。

 同アンケート調査は全国のインターネットユーザーのうち30代から40代の男性を対象に行われたもの。調査対象となったメーカーはソニー、パナソニック、シャープ、日立、パイオニア、ビクター、三菱電機、サンヨー、東芝の計9メーカーで、調査項目は「画質が優れている」「使いやすい」「多機能である」「デザインが良い」「購入したい」の5項目。このうち、「購入したいメーカー」は、ソニーが51%でトップ。2位がパナソニックで44%、3位がシャープの24%とBlu-ray Disc陣営が上位を占めた。一方、HD DVDを推進する東芝は4位の19%。以下、パイオニア16%、(当てはまるブランドはないも同%)、ビクター12%、日立8%、三菱電機5%、サンヨー3%と続く。そのほかの項目についての結果は以下のとおり。

●「画質が良い」
1位:ソニー(57%)
2位:パナソニック(45%)
3位:シャープ(27%)

●「使いやすさ」
1位:パナソニック(42%)
2位:ソニー(34%)
3位:シャープ(25%)

●「多機能である」
1位:ソニー(47%)
2位:パナソニック(37%)
3位:シャープ、東芝(23%)

●「デザインの良さ」
1位:ソニー(52%)
2位:パナソニック(39%)
3位:シャープ(19%)
《》

関連ニュース

特集

page top