運転状況の“見える化”で事故リスクを低減……クラウド車両管理システム「くるま-i」 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

運転状況の“見える化”で事故リスクを低減……クラウド車両管理システム「くるま-i」 1枚目の写真・画像

 KDDIまとめてオフィスは幕張メッセで開催された「2015 Japan IT Week 秋」にて、運転状況を見える化することで事故リスクを低減するクラウド通信型車両管理システム「くるま-i」の展示を行った。

エンタープライズ セキュリティ

関連ニュース

ヒヤリ・ハット事例を検知すると自動で動画を生成しクラウドに送信。運転の様子を見える化することで安全への意識を高める(撮影:防犯システム取材班)
ヒヤリ・ハット事例を検知すると自動で動画を生成しクラウドに送信。運転の様子を見える化することで安全への意識を高める(撮影:防犯システム取材班)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 防爆仕様のカバーとiPhone 6をセットにした防爆スマホが登場

    防爆仕様のカバーとiPhone 6をセットにした防爆スマホが登場

  2. 大学生の死亡原因トップは「自殺」52%…大学生協調べ

    大学生の死亡原因トップは「自殺」52%…大学生協調べ

  3. NEC、小規模病院向け電子カルテシステムをSaaS型で提供 ~ 「MegaOakSR for SaaS」発売

    NEC、小規模病院向け電子カルテシステムをSaaS型で提供 ~ 「MegaOakSR for SaaS」発売

  4. クラウドが「今後ITの主流となる」と考える人は69.1%……クロス・マーケティング調べ

  5. 【マイナンバーQ&A】アルバイト従業員のマイナンバー管理はどうすればいいのか?<法人編>

  6. LINE、「LINE WOW」「LINE Pay」「LINE TAXI」など新事業戦略を発表

  7. 「ビットワレット」が「楽天Edy」に社名変更……Edyロゴマークも変更に

  8. 学校と同じソフトを家庭でも、ジャストシステムが限定版を無償提供

  9. 【東京モーターショー2015】ロボットがバイクを自動運転……ヤマハ

  10. 音声を使って情報表示、KDDIが「サウンドインサイト」提供開始

アクセスランキングをもっと見る

page top