営業車の現在地を把握……定額制GPS位置情報管理サービス | RBB TODAY

営業車の現在地を把握……定額制GPS位置情報管理サービス

エンタープライズ セキュリティ

本サービスの概要。営業車やトラックなどが、今どこにいて、何をしているかといったリアルタイムの位置情報の把握から、過去の走行履歴まで一元管理できるサービスだ(画像はプレスリリースより)
  • 本サービスの概要。営業車やトラックなどが、今どこにいて、何をしているかといったリアルタイムの位置情報の把握から、過去の走行履歴まで一元管理できるサービスだ(画像はプレスリリースより)
  • 車載端末は専用設計でシガーソケットから電源を供給し、工事などは不要で取り付けが可能。NTTドコモの3G/WCDMA回線(800MHz/2100Mhz帯)を使用する(画像はプレスリリースより)
 クラウドシステムの開発などを行うVISHは、GPSによる車両位置情報管理サービス「アクセルGPS」の定額プランを開始した。従来は利用状況に応じた従量制の料金プランだったが、新サービスでは月額2,500円/1台の定額料金となっている。

 法人向け車両位置情報サービス「アクセルGPS」は、GPS車載端末からNTTドコモのFOMA回線を利用して位置情報を定期的にサーバーに送信する仕組みで、車両の現在位置情報や過去の走行履歴などをPCやスマートフォンなどのブラウザ経由で確認することができる。

 営業車やトラックが適正に運行されているかの確認や、事件・事故や災害に巻き込まれた可能性がある場合の安否確認など、業務の効率化から防犯&防災対策まで幅広い用途に活用できるサービスとなる。

 月額2,500円の内訳としては、通信費用1,000円+システム利用料1,500円となっており、位置情報の発信間隔は30秒に1度行う。利用は、最低3台からの1年間単位の機器契約となり、機器購入費用として別途初期費用が30,000円/1台必要となる。

 また、導入を検討している企業に対して、1週間程度の機材の貸し出しを行い、サービスを体感してもらう「お試し版」も用意しているとのこと。


■ダイソン掃除機やiPad miniが当たる!読者アンケートを実施中
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top