視界を妨げないルームミラー取り付け式のフルHDドライブレコーダーが登場 | RBB TODAY

視界を妨げないルームミラー取り付け式のフルHDドライブレコーダーが登場

ブロードバンド セキュリティ

上下可動式レンズ採用でより一層使いやすくなった。動体検知による監視機能はタイムラプス録画にも対応している(画像はプレスリリースより)
  • 上下可動式レンズ採用でより一層使いやすくなった。動体検知による監視機能はタイムラプス録画にも対応している(画像はプレスリリースより)
  • 「GoSafe 381」はルームミラーの後ろに設置するドライブレコーダー。スライド式モニターを収納すれば視界を全く妨げない(画像はプレスリリースより)
 PAPAGO JAPANは、車載用ルームミラーに取り付けても視界を妨げないフルHDドライブレコーダー「GoSafe 381」の発売開始を発表した。「GoSafe200」のマイナーチェンジモデルで、スライド式モニターに加え、広角140度の上下可動式レンズを採用している。

 ルームミラーの後ろに収納されるスライド式モニターを採用し、視界を妨げない設計が最大の特徴。フロントガラスの角度やカメラレンズが正面に設置できない車種へ対応するためドライブレコーダー本体を左右に角度調整ができるうえに、今回上下可動式レンズを採用したことで上下の角度調整も可能になった。

 画質はフルHD(1080P)、画角も広角140度に対応。速度制限標識警告機能などに加え、防犯用の動体検知監視機能を搭載。外部常時電源や専用パワーケーブルを使用することで停車時のいたずら・防犯対策カメラとしても活用可能だ。

 今回のマイナーチェンジで追加された機能としては、ドライバー疲労警告、出発遅延警告、ライト点灯忘れ警告など。いざという時の「録画」だけでなく、安全・快適なドライブを行うための便利な機能が増えた形だ。

 EV(露出)値は7段階の調整が可能で、オプションの専用GPSユニットを接続すれば速度超過警告とGPS位置情報の表示も可能。想定販売価格は19,980円(税込)。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top