操作性向上とセキュリティを強化……OKIの新型ATMが筑波銀行で稼働開始 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

操作性向上とセキュリティを強化……OKIの新型ATMが筑波銀行で稼働開始 1枚目の写真・画像

 沖電気工業(OKI)は15日、銀行向けATM「ATM-BankIT Pro」を筑波銀行へ納入し、同日から稼働を開始したことを発表した。従来品と比べると操作性の向上やセキュリティの強化などを特徴としており、2017年度までに170台が稼働する予定となっている。

エンタープライズ セキュリティ

関連ニュース

内部の記録装置にはSSDを採用、消費電力は通常モードで約190W、省エネモードで約80Wと、それぞれ従来機から45%/75%の大幅な削減となっている(画像はプレスリリースより)
内部の記録装置にはSSDを採用、消費電力は通常モードで約190W、省エネモードで約80Wと、それぞれ従来機から45%/75%の大幅な削減となっている(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. au WALLET登場で競争激化!? 主要電子マネーとの違いは?

    au WALLET登場で競争激化!? 主要電子マネーとの違いは?

  2. 河合塾「全統センター試験プレテスト」…全国の各教室で実施

    河合塾「全統センター試験プレテスト」…全国の各教室で実施

  3. 【東京オートサロン 2016】コンパニオン…ダイハツ工業

    【東京オートサロン 2016】コンパニオン…ダイハツ工業

  4. 中国アリババ、米ヤフー、ソフトバンクの3社、「アリペイ」について合意

  5. 女性の悲鳴を検知し警報装置などが作動する「悲鳴認識モジュール」

  6. 水圧を落とさず最大95%の節水が可能、超節水ノズル「Bubble90」……外食ビジネスウィーク2015

  7. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  8. 学校と同じソフトを家庭でも、ジャストシステムが限定版を無償提供

  9. 【ビギナーのための資産管理術 Vol.2】なぜ他社銘柄もOKに!? マネックス証券によるスマホ向け投資信託アプリの開発戦略とは

  10. 多言語を習得するメカニズムを“脳科学的”に初調査……東大・MITなど

アクセスランキングをもっと見る

page top