OKI「ワークウェルコミュニケータ」、従来の倍の100地点同時接続が可能に | RBB TODAY

OKI「ワークウェルコミュニケータ」、従来の倍の100地点同時接続が可能に

 OKI(沖電気工業)グループの特例子会社であるOKIワークウェルは1日、遠隔拠点間コミュニケーションを支援する音声システム「ワークウェルコミュニケータ」の機能を強化した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「ワークウェルコミュニケータ」システム概要
  • 「ワークウェルコミュニケータ」システム概要
  • 操作画面
 OKI(沖電気工業)グループの特例子会社であるOKIワークウェルは1日、遠隔拠点間コミュニケーションを支援する音声システム「ワークウェルコミュニケータ」の機能を強化した。

 「ワークウェルコミュニケータ」は、多地点で臨場感のある音声対話を行える、コミュニケーションシステム。音声通話に特化し、負荷が少ないため、多地点から常時接続できるのが特徴。在宅勤務での活用などを想定しているが、利用者全員同時通話、バーチャル会議室を使用した個別打合せなどにも対応する。

 今回の機能強化では、同時接続可能な地点数を50から100に拡大するとともに、利用可能なバーチャル会議室も6から9に増加させた。またユーザープレゼンス表示の優先度設定が可能になった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top