三井住友銀行、品質向上のためNECの画像認識技術を活用 | RBB TODAY

三井住友銀行、品質向上のためNECの画像認識技術を活用

エンタープライズ その他

スマートフォンのカメラで撮影した対象物から、複数のコンテンツへ誘導する仕組みを構築する。キャッシュカード画像だけでATM設置場所が分かるなど、ユーザーにとって便利なサービスだ(画像はプレスリリースより)
  • スマートフォンのカメラで撮影した対象物から、複数のコンテンツへ誘導する仕組みを構築する。キャッシュカード画像だけでATM設置場所が分かるなど、ユーザーにとって便利なサービスだ(画像はプレスリリースより)
 三井住友銀行と日本総合研究所、日本電気(NEC)は、NECの画像認識技術を活用したサービス向上の取り組みを開始したことを9日に発表した。

 「GAZIRU」はスマートフォンなどのモバイル端末のカメラで撮影した食品や自動車などさまざまな画像を、形状などの特徴から高精度に分類し、その対象物の付加情報や広告配信などのサービスの構築を可能とする画像認識サービス。

 今回、この「GAZIRU」を活用し、スマートフォン・タブレット端末のカメラで、キャッシュカードやテレビCM、申込書等をかざすことで、最寄りに設置されているATMの地図や、インターネットの該当ページを表示するといったことを可能とする。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top