富士通、仮想環境の性能低下原因を特定する分析技術を開発 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通、仮想環境の性能低下原因を特定する分析技術を開発 1枚目の写真・画像

 富士通研究所は12日、クラウドコンピューティングや企業システムのインフラ環境として利用されている仮想環境について、性能問題の原因を特定する性能分析技術を、世界で初開発したことを発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

関連ニュース

サーバ仮想化によるインフラ最適化
サーバ仮想化によるインフラ最適化

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. AIを活用し未知のサイバー攻撃を自動検知、NECの新技術

    AIを活用し未知のサイバー攻撃を自動検知、NECの新技術

  2. 【ケーブルコンベンション2015】「日々戦いだけど、子供には頑張る姿を見せたい」……久保純子

    【ケーブルコンベンション2015】「日々戦いだけど、子供には頑張る姿を見せたい」……久保純子

  3. 【コラム】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

    【コラム】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  4. 世界の子どものケータイ利用実態……日本は保有率57%、開始ピークは15歳

  5. 音声認証でオレオレ詐欺犯も撃退!?……NEC「話者照合ソリューション」

  6. Salesforce.com、三菱商事石油、イオン銀行、ホテルニューオータニに製品を導入

  7. 主婦から社長に転身!ウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞のダイヤ精機・諏訪社長

  8. SCS、データセンター「netXDC」で「バーチャル セキュリティパッチ サービス」

  9. IIJ 、デジタルテレビ向け動画配信サーバソフトウェアを独自開発〜「アクトビラ ビデオ・フル」にて稼働

  10. ソフトイーサ、日本SGIの「DesktopVPN」を引き続き提供へ

アクセスランキングをもっと見る

page top